Treasure & Archive

Takumi/匠

2018.04.05

ヤナセ クラシックカー センターの誇るスタッフ紹介

菅野 清高(スガノ キヨタカ)
1989年ヤナセ東京支店入社
故・梁瀬次郎会長愛用のMB600の面倒を一手に行い、20年~30年前に製造された「ヤングタイマー」にも精通したメカニック


ヤナセのCMにも登場しているメカニック歴30年のベテランメカニックです。
ヤナセテレビCM [人物(メカニック)篇/30秒


<苦労談>
メルセデス・ベンツ190SLが「走行後、1時間を過ぎるといきなりエンジン回転が上がらなくなってしまう」というトラブルで入庫した車がありました。再スタートすると治ってしまうという厄介な事案で、原因がつかめず苦労しました。ついに原因を突き止めましたが、燃料タンク内の錆が少しづつ燃料ホースにたまる現象で、現在医学で言うなら、コレステロールが血管に詰まっていくような現象に類似したものでした。

戻る